この滞在は、人が本来持つ感覚を取り戻す
ワーケーション

裏磐梯(うらばんだい)って?

野生動物たちの住む森に、私たち人間も住まわせてもらっている、そんなエリア

福島県にある裏磐梯は、陸域では国立公園で2番目に広い磐梯朝日国立公園内に位置する、自然豊かな場所。わずか132年前の磐梯山噴火により荒地となりましたが、大地の力によって再生した力ある命の森です。

現在は緑いっぱいのエリア内には、噴火によってできた約260の湖沼があります。中でも有名な「五色沼湖沼群」は、様々な色の湖沼が点在する不思議な場所。
と、言葉で説明するよりも百聞は一見に如かず。以下の写真で裏磐梯の多彩な風景をお伝えできればと思います。

裏磐梯でのワーケーション
特長・メリット

・国立公園内、野生動物も暮らす「最高の自然環境」での滞在
・宿泊施設タイプが充実、選べる滞在スタイル
・【3/15迄】福島県外在住者ならテレワークで最大9割補助(条件有)

私たちが裏磐梯のワーケーションを勧めたい理由

表面的な観光ではなく、じっくりと裏磐梯の自然の素晴らしさを知ることができるから。
1泊2日の旅行(観光)でももちろん、裏磐梯をハイライトで楽しんでいただけますが、自然の力・魅力は「滞在」してはじめて体感することができます。

景色が綺麗、映える、自然に癒される …これらはきっと観光でも感じていただけるでしょう。
初めて訪れた日は、日常生活で目にしない「珍しい景色」や「ギャップ」に意識が向くでしょう。しかしそれらにも慣れてくると別の目線を持つようになり、幾日か滞在することで気付く感覚があります。もちろんそれは人間が最初から持っている感覚。ただそれを都会で過ごすうちに忘れかけていただけ。

自然と人間は切り離して考えるものではなく、自然の中に人間の存在があります。
ビジネスでも歴史から学ぶものがあるように、自然から気付かされることが沢山あります。クリエイティブな発想への刺激だけでなく、判断に迷った時のヒントが見つかることさえも。

だから都会で働く人にこそ、この環境で仕事をしてみてほしいのです。

裏磐梯ワーケーション体験者の声

良かったこと・気付いたこと

・やりたいことがあれば、この時間から遊びたいから何時(何日)までに仕事を終わらせるぞと集中力が上がり効率が良かった。自然は待ってくれないから。
・実現可否は別として、やりたいことや発想はめちゃくちゃ出る。非日常は刺激。
・会議の時間以外は、仕事とプライべート(観光や趣味)の時間の使い方を、天気によって変えたり自由に決めて動けたのでよかった。プライべートが充実するともっと働かなきゃと思うようにもなった。
・都会にいると都会人のニーズしかわからない。田舎や地方に来ると異なる生活スタイルの人たちのニーズに気づく。人口では地方のシェアが大きいのだから、この感度を持てることは本当にビジネスチャンス。通常の旅行ではきっと気付けなかったことで、数日滞在して地元の人と交流して気付けたこと。
・1日の仕事が集中すれば午前中で終わる。仕事以外の雑務に時間を費やしていたことに気付かされた。
・家族との休暇だと仕事をすることが後ろめたかったが、「休暇だけど仕事もする」とはじめから決めていれば家族の理解は得られた。
・居酒屋がないから健康的になった。朝型になりつつある。
・物が溢れていないと、迷う時間がなくなり不要な時間が減った。仕事にも生活にも言えることだと思う。

不便・戸惑ったこと

・初めはなんだか落ち着かず、オフィスの方が仕事モードになれる環境だと感じた。
・初めは仕事以外の時間をどう過ごしていいのかわからなかった。行く前にここでやりたいことを少し考えておいた方がよい。
・定時の概念がなくなるので、夜やればいいや…となってしまう時がある。すると結局働いてしまう(やっぱり仕事大好き)
・ホテル客室内で仕事をするつもりだったが、ベッドがある場所では私は仕事ができない、寝ちゃう。観光地のカフェでの仕事は平日はいいけど、土日は申し訳なくてできなかった。自分が集中できる場所や時間も考えた方がいい。
・コミュニケーションや指示は、やはり対面も大切だと感じた。自分の意図が伝わっているか、信頼してもらえているかなど不安になってしまうこともあり、リモートワークでは特に気を遣って丁寧にやる必要がある。対面ワークとリモートワークとのバランスが大事。
・子供がいると週末にしか来られないから、やっぱり休暇になってしまう。子供の長期休暇ならいいかも。

仕事するならここで

裏磐梯サイトステーションはWiFi完備&入場料無料の施設。開館時間内ならワーキングスペースはご自由にお使いいただけます。磐梯山を眺められる気持ちのよい窓際デスクです。

ウォーキング&瞑想「ヘルスツーリズムプログラム」
と「ワーケーション」が1日でできる滞在プラン。
詳細は上記をクリック。


設備
ワーキングスペース、裏磐梯のライブラリースペース、レンタル会議スペース、お土産コーナー
ワーケ―ション利用の場合は、窓口にてWi-Fiのアクセスキーのカードをお渡しします。

開館時間
4-10月 9:00ー17:00
11-3月 9:00ー16:00

休館日
毎週水曜日(8・10月は休館日なし)

料金
無料
※トイレチップ(お一人様100円程度)にご協力ください

アクセス
福島県耶麻郡北塩原村桧原小野川原1092-65
裏磐梯サイトステーションHPへ


選べる滞在スタイル

ゲストハウス

ホテルや旅館ではなく
暮らすように滞在する

ペンション・民宿

人との交流
田舎に帰ったような温かさ

ホテル

設備が整った利便性
高原リゾート感